播州一献がこだわってお届けしたいものとは?
播州一献<ばんしゅういっこん>の由来
兵庫夢錦
 
「ばんしゅういっこん」とは、播州地域(兵庫県南西部)の豊かな自然の恩恵を受け、作られたお米、播州の水を使い、地酒本来の良さを大切に手間・ひまを惜しまずに醸したお酒をどうぞ」との思いから名付けられました。
 
『いっこん』とは、よく時代劇とかで
 「ささ、一献。」って言っているの見かけたことはないでしょうか?


 「いっぱいのお酒」という意味もあります。(三省堂国語辞典より)

 なので、播州一献とは、

”播州産の米と水を使った播州のお酒を、一献どうぞ”


という意味です。
昔ながらの味を守る、手造りのお酒
杜氏手で洗米
 
日本酒はここ数年、淡麗の傾向となっています。

しかし、播州一献は「昔ながらの味わいある日本酒をつくる」
というこだわりを守っています。


酒造り
▲▲ 関西で唯一の鉱山貯蔵庫を持つ酒蔵 ▲▲
鉱山貯蔵蔵明壽蔵
 播州一献のお酒は、養父市大屋町の史跡明延鉱山坑道内『明壽蔵』にて貯蔵しています。
 坑道内は、年中温度変化が少なく、お酒の長期貯蔵に適したまさに「天然のセラー」にぴったりの環境となっています。
 冬に出来上がったお酒は、坑道内でじっくり穏やかに熟成され、味に深みとまろやかさが出てきます。
 
 『明壽蔵<めいじゅぐら>』名前の由来
 明壽蔵が旧明延鉱山内の「大壽」立杭近くにあることから、
明延の「明」と大壽の「壽」の文字を組み合わせ『明壽蔵』と名付けられました。本来お酒は寿ぎ(ことほぎ)の儀式や席に欠かせないものである意も「壽」の文字に託されています。

史跡・明延鉱山

お問合せ先 info@sanyouhai.com
兵庫県宍粟市山崎町山崎28
山陽盃酒造株式会社 株式会社山陽盃酒販
tel 0790-62-1010